子育て0.2%改善塾

特に子育てに役立つ情報を提供していきます。毎日0.2%の前進を目指します。ためになる本、健康ネタなどを紹介していきます。

子育て

反抗期の子育て

こんばんは。みいなです。 子供が小さい頃、先輩ママさんから次のようなことを言われたことがあります。 「今が子育てで大変な時期だと思っているでしょうが、反抗期の子育ての方が、精神的にもっと大変よ。」 実は、今、その言葉をかみしめているところです…

子供の夏風邪・咳 家庭での対処法

こんにちは。みいなです。今年の暑さは厳しいですね。 うちの子供も疲れか、夏風邪を引いてしまい、咳が辛そうです。 台風が来たり、低気圧がくると、咳がでてしまいます。 小児科で処方してもらった薬も、あまり効果なく、お盆の期間は小児科もお休みです。…

夏休みの自由研究ネタ、工場見学

小学生の子供がいると、この時期、子供の夏休みの宿題のために、自由研究ネタになるようにと、工場見学にいかれるご家庭も少なくないかと思います。 私も、毎年、夏休み2カ月くらい前のゴールデンウィークあたりから、夏休みの工場見学の申し込みを始めます…

子供と断捨離 成果

6月は断捨離イベントに参加したこともあり、私のスラックの大半を断捨離に費やしました。以下、私が今月取り組んだ断捨離の報告です。 1.不用品をメルカリで発送! 今回の断捨離で一番時間がとられたのは、不用品をメルカリに出すための準備と発送作業でし…

スモール・ステップで断捨離

断捨離イベントに参加しました。 お掃除会社に勤務経験があり、整理収納清掃コーディネーター1級のもちこさんから、断捨離のコツを教えていただきました。みんチャレのように、グループで励ましあいながら、断捨離していきます。 ※みんチャレとは、新しい習…

相続税と登記の基本知識 ジュニアNISA

「知らないと損する相続税と登記の基本知識」のお話を聞きました。 講師は「金融リタラシーを高めよう会」主催の生地屋さん。 相続税の税制改正により、基礎控除が下げられた影響で、都内に持ち家のある方は相続税とは無縁ではなくなりました。 相続税か贈与…

思春期の子育て

子供がまだ赤ちゃんの時、先輩ママさんから「思春期になった子供と接する方が、赤ちゃんの世話をするよりも、ずっと大変なのよー」と言われたことがあります。 自分の子供が思春期になった今、その言葉を思い出し、どう乗り越えていったらよいか考えていると…

「主体的になる」7つの習慣より 子育てへの活かし方

「7つの習慣」読書会に参加しました。テーマは第1章「主体的である」です。 一人で読んでると、つい読み飛ばしてしまう箇所も、参加者の皆さんからのコメントで気づくことが多いです。 外の天気はコントロールできないけれど、自分自身の天気はコントロール…

すべての子どもに「安心・自信・自由」の権利を!

心愛さんが、両親から虐待されて亡くなった事件は、とても悲しい事件でした。 もじ自分が心愛さんの立場だったらと思うと、いたたまれない気持ちになります。 母親や学校、児童相談所に助けを求めても裏切られてしまう。最後は、大人を信用できなくなってし…

未来を作る新しい夢の叶え方 前祝いの法則

予祝という言葉を知ったのはここ1年位です。叶って欲しい未来を引き寄せるための手法だったようです。 予祝(よしゅく)とは、前もってそれが実現したかの如く、祝いをすることである。 日本人は、なぜ、花見をするか? と言えば、昔の人たちは、秋の豊作が…

子供とGWの断捨離

GW中に断捨離をしました。 まず、子供部屋ですが、子供たちの自主性に任せ、子供自身が汚さに耐えられなくなったら、自ら片付け始めるだろうと思ってましたが、読みが甘かったです。 机の上も、椅子の上も、床もプリントや服などが積み重なり、足の踏み場…

賢い人はいつも上機嫌らしい

斉藤孝さんの「上機嫌の作法」を読みました。思い当たるところが多い本でした! 仕事のできる人には、 上機嫌な人が多い。 本当にできる人は、 テンションが高くて上機嫌、 一つずつの動作、話すテンポが速いのです。 頭の回転が速い分、コミュニケーション …

育てにくい子の子育て 〈インディゴ・チルドレン〉

娘は自分がわかっていることを親から指摘されると、「そんなことは知っているから、余計なことをいうな」「そういわれてやる気がなくなった」「(自分の言ったことに対して)わかったというママは嘘つきだ。先生にママは嘘つきだと言ってやる!」などと、娘…

小学校低学年の子供に見て欲しい安全動画

子供が小学校に通うようになると、一人での行動範囲が広がるので、不安になることも少なくないです。安全対策を分かりやすく教えなければと思ってたところ、いい動画を教えてもらいました。東京都が作成した動画なので、ご存じの方も多いかと思います。 toky…

溶連菌感染症 大人も注意!

毎年春先に、溶連菌感染症がはやります。 特に年齢が小さい子供達は、この時期、多くの子が経験します。 実は、小学生になった娘も最近かかりました。 酷い頭痛、喉の痛み、高熱、吐き気や腹痛で、つらいと大騒ぎでした。 子供の場合は、薬を飲み熱が下がっ…

子供と博物館へ 大哺乳類展

先日、国立科学博物館で開催中の大哺乳類展2に行きました。 哺乳類の進化が分かりやすく解説されています。動物の形状にもそれなりの意味があり、馬のように足が長い4つ足の動物は、虎などの天敵から速足で逃げられるよう、そのような形になったなど、分か…

保育園の卒園式 目・耳・口・頭・手足の使い方 

昨日は息子の保育園の卒園式でした。 保育証書に書かれていた言葉が素敵でした。 「大きくなったら、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の頭で考え正しい道を歩き、優しい心を忘れずに、立派な働く人になって下さい」 園長先生のご挨拶では、大好きな言…

解決能力のある子に

前回に引き続き、子育てのバイブル本「子供が聴いてくれる話し方と子供が話してくれる聴き方 大全」のブックレビューです。 今回は解決能力のある子に育てるための会話です。 子供が学校から帰ってきたとき、子供に色々質問をしてませんか? 親「学校どうだ…

子供との話し方 実践編

「子供が聴いてくれる話し方と子供が話してくれる聴き方」の本には、子供との会話の具体例が沢山掲載されています。とても参考になったので、シェアします! 1. 子供が否定的なことを言った時 ×「なにがあったの?」「どうしたの?」と質問はしないこと。 →…

寝る前に、子供と身体を柔らかくするヨガ

娘はフィギュアスケートを習っています。身体が固いので、スパイラルの練習をしようとすると、前のめりになり、転んでしまいます。 下の写真はスパイラルのイメージ写真です。浅田真央ちゃんは、身体が柔らかいので、スパイラルも美しく見えます! そこで、…

1/2成人式とお手紙

今日は1/2成人式が小学校でありました。 大人になるまで、半分まできたことをお祝いする式です。 私が小学生の頃は、このような式はありませんでした。 色々あって、式には出席したくないと、娘はギリギリまで騒いでましたが、出席しました。 そして、娘から…

子供が自分の気持ちを上手く処理できるように!

私は子供の頃、母が自分の気持ちに寄り添ってくれなかったことがとても悲しかったのを覚えています。自分の子には、同じような寂しい思いは絶対にさせまいと思ってましたが、子供も私が小さかった頃と同じようなこと感じているようです・・・ 最近は、10歳に…

子供と一緒に美術館計画

長女は絵を描くのがとても好きなので、長女とコミュニケーションをとる時には、絵をかきながらということも少なくありませんでした。長女に画集を見せて、「ママが好きな絵よ」と伝え、一緒に画集を見たこともありました。 長女が小学校1年生になった時、文…

インフルエンザ対策

最近、3人の子供のうち、2人がインフルエンザになってしまいました。保育園では、クラスの1人がインフルになると、あっという間に、クラスの半分位が罹患してしまうようです。そして、その子達の小学生の兄弟にも移ってしまいます。うちもそのように、2人が…

子供とマウスピース矯正

私は歯並びが悪いことが長年のコンプレックスです。前歯が出ているので、夜寝るときは自然と口があいてしまい、口呼吸になってしまいます。高校生の時に親に歯列矯正をやりたいことを親に相談した時は、お金がかかるのでだめと拒否されました。それ以来、矯…

スラック(時間)作り

今日は勝間塾の月例会に参加しました。 テーマは「時間キャッシュリッチな生き方のススメ」でした。 私もいつも「時間がない」ことに追われているので、時間の使い方を見直す良いきっかけになりました。 一番印象に残ったことは、20/80の法則(パレートの法…

逆境に負けない力をつける!こども菜根譚

菜根譚は、明の時代に書かれた古典で、人間関係の知恵がつまった本です。以前、NHKの100分で名著という番組の中で、菜根譚が取り上げられていて、興味を持ちました。 今月小学校4年生になった長女が人間関係で悩んでいるようなので、子供向けに優しく書かれ…

すっきり解決!人見知り

小学生向けの本ですが、「すっきり解決!人見知り」という本を読みました。 人見知りの強い娘用でしたが、私も人見知りのところがあるので読んでみました。 なぜ人見知りに? 人見知りと上手に付き合う方法 次のステップ なぜ人見知りに? 人見知りの人は、…

夢実現のためにやるべきこと

「叶う」という字は「口」と「十」とでできています。10回くらい口に出していると、それを聞いていた人が力を貸してくれて実現していくそうです。また、私が尊敬する人から聞いたお話によると、今あるものを外に出さない限り、実現していかない。まずは思う…

ひといちばい敏感な子

人一倍敏感で育てにくい子がいます。もしかしたら、それは、5人に1人が当てはまると言われているHSC(Highly Sensitive Child=ひといちばい敏感な子)かもしれません。 実は、うちの子もそうですが、5感のどれかがとても敏感で、初めてのことや場所が苦手、…