発達障害児 子育て0.2%改善塾

発達障害児の子育てブログです。毎日0.2%の前進を目指しています。

インフルエンザ対策

f:id:satominw:20190203003354j:plain


最近、3人の子供のうち、2人がインフルエンザになってしまいました。保育園では、クラスの1人がインフルになると、あっという間に、クラスの半分位が罹患してしまうようです。そして、その子達の小学生の兄弟にも移ってしまいます。うちもそのように、2人がインフルになりました。

 でも、今年は2人だけですんでよかったです。去年は、3人の子供達全員が次々とインフルになった後、親の私にも移りました。一昨年は、親だけでなく、祖母までインフルになりました。そして、一昨年に至っては、子供の一人が重症化してしまい、入院になりました。

 家族が次から次へとインフルになると、子供も大変ですが、親はもっと大変です。自分がインフルで高熱が出てても家事をしないといけませんし、インフルから回復した保育園児の送迎をしないといけません。長期間仕事は休めません。具合が悪く期限が悪い子供の世話をしながら、自宅で仕事をすることにもなるかもしれません。長期間に渡ると、職場にも迷惑をかけることになってしまいます。

 近年の経験から学んだことは:

  1. 空気の入れ替えを、もっと意識的にすること(朝、昼、晩と)
  2. 食前、食後には、食卓を除菌スプレーしてふくこと
  3. インフルになった子が使ってそうなタオルは毎日交換すること。他の子にはそのタオルを使わせないこと
  4. お茶を頻繁に飲むこと(除菌のため)
  5. インフルの予防接種は効果が微妙なので、別の方法で予防すること
  6. こまめに手洗いをすること。外出先で、手の除菌スプレーがある時には、除菌プレーをすること。
  7. 家族の1人がインフルになったら、寝室をすぐに分けること
  8. 家族の一人がインフルになったら、全員がマスクをすること。
  9. 鼻がムズムズしてきたら、ハナノアなどで鼻洗浄、喉に違和感を感じたら、うがいが効果的

インフルの家庭内への影響は、最低限に抑えることがとても大事に感じました。