発達障害児 子育て0.2%改善塾

発達障害児の子育てブログです。毎日0.2%の前進を目指しています。

7つの習慣 シナジーを作り出す

f:id:satominw:20190812115154j:plain


7つの習慣の読書会に参加しています。毎月、1章づつ読み、オンラインで感想をシェアします。

今回は、第6の習慣「シナジーを作り出す」を読みました。

1.シナジーとは

コミュニケーションの中で、何か新しい案を生み出そうとするとき、私たちがよく陥りやすいものに、「妥協」があります。これは相乗効果と呼べるものではなく、結果としては、非常にレベルの低いものです。これでは、1+1が1以下になってしまいます。

シナジーとは相乗効果とも言いますが、誰かの案でもあなたの案でもなく、全く新しい「第3の案」を求めることです。1+1が3以上になるように、お互いが満足できるような解決策を打ち出すと、相乗効果が生まれます。

組織の中で、リーダーと呼ばれる人の役割とは、まさにこの「第3の案」を導くことにあります。メンバー間の能力を最大限に発揮させ、その能力の和をはるかに超える、チームとしての力を導く仕事こそ、現在の組織に求められている能力でしょう。

 

第六の習慣 相乗効果を発揮する|相乗効果を発揮する|フランクリン・プランナーより

 

2.  シナジーを作り出す出すための条件:

1)心を開いて、物事を受け止める

2)自分の周りに殻をつくらない。防衛的コミュニケーションは避ける

3)他人は信用できないとう考え方はやめる

 

3. ビジネスの場でのシナジー

・ 会議で遠慮したり、発言しないと、win-loseの関係になってしまう

事前に参加者に、匿名の「提案書」を作成するように依頼し、事前にその内容を参加者に配布し、読んで様々な角度からよく理解してもらう。そして、会議の場では、自分の意見を言うより、他人んの意見をよく聞くことに重点を置いてもらったら、シナジーを発揮できたケーススタディが紹介されていました。

・ 信頼×協力でwin-winシナジーが生まれる。

 

4.  家族間のシナジー

 ・ 夫婦喧嘩などの場合、まずは、相手の気持ちに立って考え、同じ側に立って問題をみる。両方の希望をかなえられるように、お互いに希望を出し合うとシナジー効果が発揮される。

・ 夫婦喧嘩しそうな時は、カフェなどの日常空間とは切り離されたところでするとよいとのご意見がありました! 家の中だと、日常生活の延長で、家事の分担など、別の話題で喧嘩になってしまうこともあるそうです。

 

5. 動物学校の話

教育学者R・H・リーブス博士の著した『動物学校』というおとぎ話が面白かったです。

昔々、動物たちは「新しい世界」のさまざまな問題を解決するために、 何か勇敢なことをしなければならないと考え、学校をつくりました。

学校では、かけっこ、木登り、水泳、飛行を教えることになりました。

学校の運営を円滑にするために、どの動物も全部の科目を学ことになりました。

ヒルは、水泳の成績は抜群で、先生よりも上手に泳げるくらいでした。

飛ぶこともまずまずの成績でしたが、かけっこは苦手です。

かけっこの成績が悪いので、放課後もかけっこの練習をしなければなりませんでした。

水泳の授業中もかけっこの練習をさせられました。

そうしているうちに、水かきがすり減ってきて、水泳の成績が平均点まで下がってしまいました。

学校では平均点ならば問題ないので、アヒルの水泳の成績が落ちたことは、アヒル本人以外は、誰も気にかけませんでした。

ウサギは、かけっこはクラスでクラスでトップでした。

ところが水泳が苦手で居残りさせられているうちに、すっかり神経がまいってしまいました。

リスは木登りの成績が優秀だったのですが、飛行の授業で、木の上からではなく地上から飛べと先生に言われて、ストレスがたまってしまいました。

練習のしすぎでヘトヘトになり、肉離れを起こし、木登りの成績はCになり、かけっこもDに落ちたのです。

ワシは問題児で、厳しく指導しなければなりませんでした。

木登りの授業では、どの動物よりも早く上まで行けるのですが、決められた登り方ではなく、自分のやり方で登ってしまうのです。

学年末には、泳ぎが得意で、かけっこ、木登り、飛行もそこそこという少々風変わりなウナギが一番高い平均点をとり、卒業生総代に選ばれました。

学校側が穴掘りを授業に採用しなかったので、プレーリードッグたちは登校拒否になり、その親たちは税金を納めようとしませんでした。

プレーリードッグの親は子どもに穴掘りを教えてくれるようアナグマに頼み、その後、タヌキたちと一緒に私立学校を設立して、成功を収めました。

この話を読んで、小学校の生徒たちを連想してしまいました。

日本の公立の小学校の先生方は、子供のいいことを伸ばすよりも、平均よりも劣る点に注目しがちです。せめて家庭では、子供のよい点をほめ、子供の長所が伸びるような環境を作ってあげたいと思いました!

 

勉強会では、「みんなの学校」という映画が話題になりました。どんな子も通えることができる学校づくりの映画です。見てみようと思います!

minna-movie.jp