子育て0.2%改善塾

特に子育てに役立つ情報を提供していきます。毎日0.2%の前進を目指します。ためになる本、健康ネタなどを紹介していきます。

溶連菌感染症 大人も注意!

f:id:satominw:20190812113420j:plain


毎年春先に、溶連菌感染症がはやります。

特に年齢が小さい子供達は、この時期、多くの子が経験します。

実は、小学生になった娘も最近かかりました。

酷い頭痛、喉の痛み、高熱、吐き気や腹痛で、つらいと大騒ぎでした。

子供の場合は、薬を飲み熱が下がったら、翌日から登園できるのできます。

そして、要注意なのが、看病している大人にも感染することです。

そして、早期に治療しないと、約30%の方が死亡するような病気だったらしいです。

epark.jp

うちの子供達も溶連菌に感染すると、私もかなりの頭痛になりましたが、育児や家事や仕事で忙しいのと、普段は頭痛もちで、寝てれば治ることもあり、赤ちゃんがなる病気かと、特段気にしせず過ごしていました。

しかし、今回は娘と症状が似ており、ちょっと調べたところ、大人も感染することがわかり、病院に行き、検査をしたら陽性でした。ほっておくと髄膜炎になることもあるらしいです。髄膜炎の検査は背骨に注射をするとても痛い検査らしいです。

ストレスや過労で免疫力が落ちた大人や老人はかかりやすいそうです。

溶連菌かなぁと思ったら、早期に病院に行き、薬を飲んだ方がよいです。

感染力が強いので、家族で溶連菌になった方がいたら、手洗いはこまめにした方がよいそうです。