発達障害児 子育て0.2%改善塾

発達障害児の子育てブログです。毎日0.2%の前進を目指しています。

手のかかる子は可愛い小動物!?

f:id:satominw:20190830144125j:plain


お疲れ様です。みいなです。

 

もうすぐ子供の夏休みも終わりですね。

夏休み中は、お子さんとの接触時間が長く、そろそろ、疲れがでてくる頃ではないでしょうか。

 

小学校4,5年生になってくると、女の子は、体が子供から女性になり始める時期で、イライラするようです。うちの小5の娘も毎日無性にイライラし、親に当たってきます。

娘はかたずけは何もせず、一日中ぼーっとテレビを見て過ごし、大人を馬鹿にするような口調、そしてイライラすると、弟や妹にも暴力を振るいます。

 

こちらも怒りつかれました。私ももう怒りたくないのです。

そんな時、娘が鏡をみながら、自分の顔はウーパールーパァーに似ていると自己分析していのを聞き、思わず笑みがこぼれてしまいました。

 

それ以降、娘のことは、ウーパールーパァーだと思うようにすると、なんだか許せる気がしてきました。

水中で暮らしていたウーパールーパァーなんだから、片付けられなくても仕方がないし、人間界のことにも興味があるからTVばかり見ていても仕方いんだと思うと笑えます。そして、ウーパールーパァーなのに、こんなに成績がよいのは素晴らしい!と素直に思えてきました。

 

娘をウーパーちゃんと呼ぶと、自然と笑顔になるようで、娘は「自分のことをウーパーちゃんと呼んで~」とリクエストされるようになりました(^^ゞ

 

手のかかる子供は、可愛い小動物に例えると、いいかもしれません。