発達障害児 子育て0.2%改善塾

発達障害児の子育てブログです。毎日0.2%の前進を目指しています。

自己肯定感を高めるレッスン 9月3日まで無料公開中

9月5日発売の新刊『生きづらいHSPのための、自己肯定感を育てるレッスン』を、9月1日(日)~3日(火)の3日間限定で、全文、無料公開されています!

無料公開『生きづらいHSPのための、自己肯定感を育てるレッスン』 | 1万年堂出版

 著者の高木のぞみさんは、物心ついた頃から「周りと何か違う」「人に耐えられることが自分には耐えられない」と感じていたといいます。
生きづらさを抱えたまま成長し、夢だった看護師となるも、無理を続けた結果、うつ病を患います。
根本的な治療を探すうちに、自身の生きづらさの原因が、自己肯定感の低さHSP(Highly Sensitive Person)の気質にあることを知ります。
これが、その後の生き方を変える、大きなきっかけとなりました。

本書には、HSPや自己肯定感について、10年間培った知識だけでなく、著者が自らが実験台となって試したあらゆる作業、レッスン、ヒーリング法の中から、効果のあったもの全てが収録されてます。医学的・心理学的な内容は、夫である精神科医の高木英昌氏がサポートされたそうです。

生きづらいHSPのための、自己肯定感を育てるレッスン

生きづらいHSPのための、自己肯定感を育てるレッスン

 

書籍紹介 

「みんなに耐えられることが、どうして自分は耐えられないんだろう」と悩んだことはありませんか?
また、自分が感じていることを、周りから「考えすぎじゃない?」「気にしすぎだよ」と言われて落ち込んだことはないでしょうか。

HSP(ひといちばい敏感な人)の中には、子どもの頃から、人と違うことに戸惑い、自分の感覚を否定し続けて生きてきた人が少なくありません。

人に合わせようと必死に頑張り続けた結果、学生時代にうつ病を発症。その時の絶望感を、著者は、「まるで、世の中のすべての色が消え、世界が音を立てて崩れていくよう」だったと表現しています。

本書には、生きづらさを抱えやすいHSPが、楽に生きられる方法はないかと、10年間、著者自身が実験台となって模索してきたことのすべてが、まとめられています。

ポイントは2つ。
HSPである自分を知ること」と、
「自己肯定感を育てること」です。

この本の中から、どれか一つでも、自分に合う方法を見つけて、実践していけたらと思います。