発達障害児 子育て0.2%改善塾

発達障害児の子育てブログです。毎日0.2%の前進を目指しています。

お引越し 子どもと梱包作業

f:id:satominw:20191028102101j:plain

こんにちは。最近は、お引越しで忙しくしていました。

小さい子が3人いると、足音や声などで、ご近所からの苦情が来ることがストレスとなります。今回、賃貸物件選びにもかなり時間を費やしました。本当なら、戸建の賃貸で、今子供が通っている学区域内のところがあればよかったのですが、都内の戸建の賃貸は、結構高額です。また安いところは、それなりの事情があるんです。

結局、知り合いが所有しているアパートの1室をお借りすることになりました。今のところが借りれたのも亡くなったおじいいさんの人徳のお陰です。

 

さて、こどもを引越の梱包などの作業にどう参加させるかが課題でしたが、

小5の長女は、反抗期が始まり、面倒な作業の引越からはできる限り逃れたかったようで、いろんな言い訳をつくって、殆ど手伝ってくれませんでした。

小3の次女は、比較的協力的で気分がのれば、梱包も手伝ってくれました。

小1の息子は、遊び感覚で小3の次女と一緒なら、少しだけお手伝いはできました。

ただ、基本遊び感覚なので、箱からおもちゃをだして遊び初めてしまい、まったく根本が進まず、児童館や公園などに少し遊びに行ってもらう間に、梱包作業をすすめたり、子供が寝ている間に梱包しました。

また、お引越し日も、子供がうろちょろしていると危ないので、学校に行っている平日時にしました。休日だと10パーセント割引、平日だと30%割引で、平日の方が割引率も高かったです。

今回は、自分の世帯だけの引越と違って、実家の建替えに伴うお引越で、実家にあった戦前からの荷物が大量にでてきてしまい、そのお片付けが大変でした。次回、そのお話しをします。